モザイクブログ/モザイコカンポ

モザイコカンポ = Mosaico(モザイク の)Campo(原っぱ)。
 
モザイク工房モザイコカンポ(練馬区富士見台駅より徒歩5分)が主宰するモザイク教室・ワークショップ等のご案内や、モザイクに関するお話、日々の雑記等など徒然なるままに書き記すブログです。
サイト→http://www.mosaicocampo.com 

Copyright (c) 2008-2017 Mosaico Campo All Rithts Reserved.
当ブログ及びホームページの文章・画像を、無断で使用又は転載する事を禁じます。
ガルニエ宮モザイク Kさんモザイクレポ / ultimo giorno del 2011
Buon giorno.
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

今日は代々木教室のKさんのモザイクレポ。
パリをご旅行の際に見て来られた、オペラ座・ガルニエ宮のモザイクです。

限られた色の大理石なのに、とても自由で華やかなモザイクがたくさん。
実は教室でも人気の図案がいくつかあります。
(銀座のOさん、アトリエのSさんが制作中)


床みっっっしりモザイク!

パリ オペラ座 ガルニエ

アップ。

パリ オペラ座 ガルニエ

白地に小花柄、可憐な感じ。

パリ オペラ座 ガルニエ

背景の処理に目を奪われます。

パリ オペラ座 ガルニエ

ゴージャス。黒はカッコいいですね。

パリ オペラ座 ガルニエ

緑、黄色、オレンジ、赤。
黒の中に入ると一気に優しい印象に。

パリ オペラ座 ガルニエ

パリ オペラ座 ガルニエ

パリ オペラ座 ガルニエ

黒ベースだとカッチリ感。

パリ オペラ座 ガルニエ

...パイナップル?

パリ オペラ座 ガルニエ

グラデーションがキュート。

パリ オペラ座 ガルニエ


ゴージャスながらどこか愛らしい表情のあるモザイク達。
ガルニエ宮は照明や天井装飾、壁や家具も素晴らしいのでついつい床は見忘れがちですが、
ぜひ行かれた際はチェックしてみてくださいね。

Kさん、素敵な写真をたくさん、ありがとうございました!


パリには他にもたくさん素敵なモザイクがあります。
(また近日中にKさんの写真でご紹介いたします)
アールヌーヴォーやアールデコの時代に建てられた建物に、
モザイク装飾が施されている率はかなり高いです。

ガラスや鉄など新しい素材が生まれた事により、
多くの斬新な建造物が出現した時代ですが、
そこにギリシア・ローマ時代より続くモザイク技法が使われている。
もちろん土地や時代のテイストに合わせて。

先人に倣い、今の日本の建物、時代に合ったモザイクを作っていきたいですね。


それでは良い大晦日をお過ごしください。
Buon ultimo giorno del 2011!
| 街角のモザイク | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナンシーのファーマシー Iさんモザイクレポ
Buon giorno.
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

昨日に引き続き、Iさん発見のモザイク写真をご紹介しますね。

パリを発ち、Iさんは北フランスのナンシーに到着されました。
そこで見つけたモザイク。

ナンシーの薬局モザイク

なんて素敵なファーマシー...!
店舗モザイク、薬局です。

実はナンシーのようにアールヌーヴォーが盛んだったヨーロッパの街には、
このような店舗モザイクがとても多いんです。
何故か特に薬局が多いような...ウィーンやバルセロナにも素敵な薬局モザイク。
ヨーロッパ町歩きで、旧市街に行かれたらぜひチェックしてみてください。

さて、ナンシーの薬局モザイク。アップを見てみましょう。

ナンシーの薬局モザイク

左側。
黒い繊細なフォントに影がゴールド。
ぐるりをゴールドの縁が囲んでいて、そこから顔をのぞかせるお花たち。
だまし絵的にコチラ側に出て来ています。
青と緑の葉っぱ。
ガッラ・プラチディアにも同じ色合いの葉っぱモザイクがありますね。

ナンシーの薬局モザイク

真ん中。
柱頭を表現しているゴールドのくるりの上に、水盤に生けられたお花。
植物のくるりと、ゴールドのくるりが対応していてオシャレです。

Iさん、ありがとうございました☆


商店街で育った私としては、お店がこんなに綺麗に装っているのが、本当に羨ましい。
その地域に育ち、生活している人達の記憶に残る、
時には自慢にもなるようなお店の顔。ぜひ作ってみたいなあ。


今日も冷えますね。
どうぞ暖かくしてお過ごしください。
Buona giornata!
| 街角のモザイク | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
バスティーユのフルーツ Iさんモザイクレポ
Buona sera.
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?
クリスマス寒波が日本にやってくるとか。
極寒&強風...どうぞお気をつけください。

今日は、パリの街角モザイクをご紹介します。
アトリエ教室の生徒さん、Iさんがパリをご旅行の際に撮影してきてくださったんです!
モザイクアンテナ、お見事。
モザイクを作っていると、生活の中にあるモザイクやモザイク的なものにだんだん目が行くようになるんです。これがモザイクアンテナ。


発見場所はバスティーユ広場近く。

パリ 街角モザイク フルーツ

南国調の植物モザイク。床から天井まで、大きい。
ガラスの掲示物とも調和しているような、元気な色合い。

パリ 街角モザイク フルーツ

フルーツのお店の店舗装飾モザイクでした。
南国なわけですね〜

ぶどうの粒は丸くカットしたガラスタイル、
バナナやパイナップルなどは小さく割ったタイルでみっしりと。
背景も素敵。白タイルの中にちらほらと金を入れているようです。

アップ。

パリ 街角モザイク フルーツ

ちょっとちぎり絵っぽいテイストですね。面白い。

こんな素敵なモザイクがあるフルーツ屋さん、通いたいですね。
通学路や通勤路だったら嬉しいなあ。
モザイクと同じように永くこの場所で営業して欲しいですね。
パリに行ったら、絶対ここでフルーツパフェ的なものを注文しよう!

Iさん、素敵な写真をありがとうございました☆

それでは、良い午後をお過ごしくださいね。
Buona serata!

| 街角のモザイク | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋モザイク工業さん 札幌ショールーム
Buona sera.
こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか。
今宵も東京は熱帯夜。保冷剤に囲まれております。


本日、札幌からお越しのIさんの集中授業が無事終了!
4日間で3作品という猛スピード。素晴らしかったです。
お疲れさまでした、Iさん。




さて、札幌つながりで、4月にお邪魔した名古屋モザイク工業さんの、
札幌ショールームの写真をご紹介いたします。


名古屋モザイク工業 札幌支店

入り口には大きなタイルモザイク。
ズマルトで作ったらちょっと甘くなり過ぎるかもしれないモチーフですが、
ガラスタイルのクールな質感がばっちりマッチしてる...
かっこいい!


名古屋モザイク工業 札幌支店

エスニックな雰囲気の「コラベル」というタイル。
色んな色があって、一枚でもほんとに可愛い。
このサトコちゃん(中野で購入)も相当気に入っているようです。ピンクだし。


名古屋モザイク工業 札幌支店

入り口正面にはブルーのタイルモザイクの花と、
デスクの上に2011年の名古屋モザイク工業さんの商品カタログ。
表紙には私のモザイク作品を使っていただいてます。嬉しいですね〜


ステキなタイルがたくさんあるショールーム。
実際に手に取って見ると、さらにタイルの魅力が伝わってくると思います。


名古屋モザイク工業さんHP→http://www.nagoya-mosaic.co.jp/
名古屋モザイク工業さん 札幌ショールームブログ→http://nagoya-mosaic-sap.seesaa.net/

ぜひ、ステキなタイルを見に行ってみてください!



実家がリフォーム直前なのですが、
母の部屋の床が、偶然にも、名古屋モザイクさんのタイルになるそうです。
楽しみ!

夏も程よくひんやりするタイルの床。きっと犬も喜びます。


ちゅーやん だっこ


それでは良い夜を。
Buona notte!
| 街角のモザイク | 02:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
シャネル ビザンチン モザイク
Buona sera.
こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか?
先ほど強烈な豪雨に襲われました。一瞬にして靴浸水。
どうぞ皆さまお気をつけください。


さて、夕方にお伝えした、シャネルのモザイクをご紹介いたしますね。


先週末の銀座シャネル、中央通沿いショーウィンドウ。

シャネル モザイク

シャネル モザイク

残念ながら背景は全てプリントなので、本物のモザイクは無いのですが、
離れてみると結構リアリティあります。

オーロ(Oro=金)の他にも、

シャネル モザイク

ラヴェンナ、ガッラ・プラチディアの天井モザイク的モチーフや、


銀座 シャネル モザイク

おなじみのビザンチンブルーの背景も。


シャネル モザイク

アクセサリーにもモザイクテイストを感じますし、
(&七宝、エナメル系工芸品)


シャネルモザイク

クッションにもテッセラの跡が。


ショーウィンドウだけでもおなかいっぱいなのですが、
もちろんお店の中は、さらに色々と。もうほんと色々と。ほんと...




さて。なぜ、シャネルがモザイク。

2002年から毎年開催されている、刺繍や金銀細工、
靴などの職人達の高度な技術を取り込んだ、シャネルのメティエダール・コレクション。
今回のテーマ都市はイスタンブール。
(ちょうど去年、イスタンブールに2号店が開店)

ココ・シャネルも愛したというビザンチン美術からインスピレーションを受けたそうで、
タイトルは[Paris-Byzance]。


ということで、ビザンチンといえばモザイク。
ビザンチンでモザイクといえば、やっぱりラヴェンナ。


赤いラインが特徴的なメイクは、テオドラ妃のモザイクから。

シャネル ビザンチン
(c)CHANEL


テオドラ妃のモザイクは、ラヴェンナ、サン・ヴィターレ聖堂、
アプスの向かって右側の壁に。

san vitale


目元をアップ。

テオドラ

...超目力。さすが。

ショーウィンドウのモザイクシャネルマークも、
テオドラ妃の髪飾りと同じく真珠母貝を丸くカットして使っています。


そういえばミラノのセレクトショップ「10 corso como」のブックショップでも、
テオドラ妃のモザイクはアイコンとして使われていました。

アグレッシブな女性の心を掴みますね、テオドラ妃。




シャネルのHPでショーの様子を動画で見れるので、お時間ある方は是非。
アクセサリーや服装はもちろん、モデルさんも、
ちょっとビザンチンモザイクの有名人たちに似てるような気が...





さて、今日は代々木モザイク教室。
初めての方も数人いらっしゃいます。
雨があんまり強く降らないと良いのですが。

それでは良い夜をお過ごしください。
Buona notte!



...似てる?

イスタンブール モザイク

イスタンブール モザイク

モザイクの裏側


| 街角のモザイク | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
月島モザイク
Buona sera.
こんばんは。

蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか:)


先日、すごく眺めの良いお宅へお邪魔しました。

皇帝の眺め

窓辺にたたずむコウテイペンギン氏。

スカイツリーもぐんぐん伸びてます。

スカイツリー

2010

散歩道


東京には色んな顔がありますね。楽しい街です。


さて、そんな月島で見つけたモザイク。

江戸
月島



明治
月島



平成
月島

明治の亀裂も気になるところですが、平成の富士山はどこに...?


うーん、良い夜を!
Buona serata!
| 街角のモザイク | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
洋館と大理石 赤坂プリンスホテルと旧前田邸
Buona sera.
こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか?

今日は雨も降りましたが、昨日に比べれば過ごしやすい日でした。
長野・富士見町の方に、今がソメイヨシノの満開だと教えてもらいました。
日本の高低差はすごいですね。


突然ですが、赤坂プリンスホテルが閉館するそうです。
 →赤坂プリンスホテル閉館へ


赤坂プリンスホテルの旧館玄関にはモザイクがあります。
(携帯カメラからなので画質は悪いです)

赤坂プリンス 旧館
赤坂プリンス 旧館

隅の仕上げ。
赤坂プリンス 旧館

この赤絨毯の下が気になったのですが、めくる事かなわず。無念。



旧館は現在、結婚式やパーティ会場として使われています。
ロマンチック度は青天井。
 →赤坂プリンスホテル 旧館 ウエディング

旧館外観

(本館連絡通路からの外観。正面玄関は右奥側)

この建物は、1930年に建てられた旧李王家邸。
李氏朝鮮最後の王世子、李垠の東京のお家。

1933年に建てられた旧・朝香宮邸、現・東京都庭園美術館の玄関も
カラフルで素敵な大理石モザイクで彩られています。
この時代の洋館の、特に玄関はモザイク率が高いので、
是非チェックしてみてくださいね。

テッセラを用いた大理石モザイクの床以外でも、
象嵌の床(オプス・セクティレ)だったり寄木の床だったり...
洋館、そしてホテルの床は本当にバラエティ豊か!
気になり出すと止まりません。

↓恵比寿のウェスティンホテル東京の床。
ビールを飲む前に是非。
 →ウェスティンホテル東京

恵比寿
恵比寿


ちなみにモザイクは残念ながら見つけられなかったのですが、
以前、父と行った目黒の旧・前田侯爵邸(1929年竣工)には、
本当に素晴らしい大理石マントルピースが山ほどありました。
(これも携帯カメラなのであまり綺麗に撮れませんでした)
 →旧・前田侯爵邸

前田邸

↑の↓アップ
前田邸


貴重な美しい大理石がたっくさん。
興味のある方は「続きを読む」に写真をアップしますので、見てみて下さいね。

前田邸

賃貸の洋館なんてないかしら。


それでは良い夜をお過ごしください。
Buona serata!
続きを読む >>
| 街角のモザイク | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
楽器屋さんの床
Buona sera.
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

2010年。
ワークショップや教室等、バタバタとしているうちにもう半月。
時間ってやつは隙を見せると容赦ないですね。


街で見つけたモザイクシリーズ新作です。
音楽好き熊本県民のパートナー、大谷楽器の裏口床。

大谷楽器

時代を感じさせる色と素材。
ゴージャスで都会的なガラスタイルも美しいですが、
このレトロ感は噛めば噛むほど味が...


それでは良い午後をお過ごしください。
Buona serata!

| 街角のモザイク | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京都現代美術館 Bisazza x Michael Lin
Buona sera.
こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか?

台風が近づいてるとのこと。
ここ10年で一番大きいという噂もちらほら聞きます。
どうぞくれぐれもご注意を!



家にこもってひたすら石を割っていたら流石に空を見たくなり、
先日東京都現代美術館へ行ってきました。東は空が広い気がする。

目的は、化粧室。

現代美術館

ブログでも何度かご紹介しているイタリアの高級ガラスタイル会社Bisazza(名古屋モザイクさんでのワークショップ第二弾でどーんと使用予定ですよ〜)と、台湾人アーティストであるマイケル・リンのコラボレート。

 →マイケル・リン インタビュー動画


Bisazzaは色んな現代アーティストとコラボしています。コラボってます。
今日、生徒さんから教えてもらったのはBisazzaと荒木 経惟のコラボ。
(Uさん、ありがとうございます)

 →Londra blocca la geisha di Bisazza(Bisazzaの芸者にロンドン当局がNo)

...これも結果的に良い宣伝かと。わざとかな。



さて、現代美術館に戻りましょう。
化粧室全体の壁をガラスタイルが埋め尽くします。

現代美術館

教室やワークショップで使っているBisazzaのタイルより、
ひとまわり小さい10角タイルを使っています。

現代美術館

白壁が続く現代美術館の中で、ぱあっと花咲くガラスタイル。

現代美術館

Bisazzaモザイクの特徴は、アンダメントではなくドットで描くところ。

私が専門としているモザイク(ローマ・ビザンティン)とは、
ジャンルや素材が違うから比較するのは難しいけれど、
画面から受ける印象が動的か静的か、というのは大きい。

トラディショナルなモザイクではテッセラ(=石片)の形はまちまちで、
そのテッセラたちが形作る流れ(=アンダメント)が重要。
テッセラとテッセラの間のスペースの形が大きな役割を果たします。

一方、Bisazzaスタイルだと目地は均一、
アンダメントではなくグリッドと色の変化で表現。
静かで、クールな印象。

現代美術館

だからこそ、こんな大きなスペースを装飾してもどこか軽やかなんですね。
あとガラスの質感も大きな構成要素。


うーん...楽しみ方の違いって事ですか。
どちらもそれぞれに美しい。




そういえば数ヶ月前、青山のBisazza旗艦店へ行き、
タイルの扱い方についてお聞きしました。
Bisazzaが売り出しているデザインやプロジェクトを担当するタイル職人は、
やはり特殊な技術が必要らしく、オーストラリアに専門の養成所があるそう。
美しい曲面施工の謎が解けて、ちょっとすっきりです。




もし東京都現代美術館に行かれたら、展示はもちろんのこと、
ぜひ化粧室もチェックしてみてくださいね。

あと、レストランやカフェもおススメです。
CONTENT Restaurantのシーザーサラダ、現代アートのようでした:)

現代サラダ

ボリュームたっぷりで、これだけでお腹いっぱい。


今度は時間を作って併設の図書館に行こうと思います。


清澄白河ギャラリー群も銀座の杉本博司も見れたし、
すっかりリフレッシュな一日。ありがたい。


それでは良い夜をお過ごしください。
Buona notte.




現在、受講生募集中です。

ワークショップ→名古屋モザイク 10月17日・11月21日・12月19日
モザイク教室→エコールプランタン 10月10日スタート

みなさまのご参加、お待ちしております。


| 街角のモザイク | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
グロスターの衣替え
Buon giorno.
おはようございます。

いかがお過ごしでしょうか。

ネロの回転食堂が発見されたようで。

 →ネロ帝の「回る食堂」か 伊チーム、ローマで発見
 →Scoperta la stanza rotante di Nerone,sala da pranzo della Domus Aurea

発見場所はパラティーノの丘のネロの黄金宮跡。
Palatino/パラティーノはイタリア語のPalazzoや英語のPalaceの語源。
建国の英雄やローマ帝国歴代皇帝がここに豪華な屋敷を構えていたためです。


この黄金宮遺跡にはワイン作りの様子を描いた瑞々しいモザイクがあります。
発掘番組でチラリと。きっとその他にもたくさんのモザイクが眠っているはず。
早く見たいけれど予算問題は深刻だろうなあ...
この回転食堂の発見でプロジェクトチームが潤沢な資金をどこかからゲットできますように。




さて。今日は衣替えの日。
なんとなく衣替えなモザイクです。

グロスターモザイク

イギリス、グロスターの町中で見つけた壁モザイク。
けっこう巨大なんですが、にやっとしちゃう愛らしさです。
パンツの模様とか、もう。



最近、玄米+十穀米ミックスごはんを15年ぶりに再スタートしています。
今は無洗米の玄米も普通に売られている事だし、
三日坊主の私でもどうやら続けられそう。


それでは良い一日を。
Buona giornata!



現在、受講生募集中です。

ワークショップ→名古屋モザイク 10月17日・11月21日・12月19日
モザイク教室→エコールプランタン 10月10日スタート

みなさまのご参加、お待ちしております。

| 街角のモザイク | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE