モザイクブログ/モザイコカンポ

モザイコカンポ = Mosaico(モザイク の)Campo(原っぱ)。
 
モザイク工房モザイコカンポ(練馬区富士見台駅より徒歩5分)が主宰するモザイク教室・ワークショップ等のご案内や、モザイクに関するお話、日々の雑記等など徒然なるままに書き記すブログです。
サイト→http://www.mosaicocampo.com 

Copyright (c) 2008-2018 Mosaico Campo All Rithts Reserved.
当ブログ及びホームページの文章・画像を、無断で使用又は転載する事を禁じます。
<< 洋館と大理石 赤坂プリンスホテルと旧前田邸 | main | ホークストウの七宝モザイク >>
Uさんモザイク作品 幾何学 キューブ
Buona sera.
こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか。

気持ちの良いお天気から始まりましたね、ゴールデンウィーク。
どこか遠くへ行きたいものです。

お教えしているモザイク技法の手順の中に、
「ひっくりかえす」というものがあります。

まず、仮置きの土台(石灰、紙、粘土)にテッセラを並び終えたら、
テッセラの上にガーゼをにかわ等で接着し、
乾いたら「ひっくりかえして」仮置き土台を取り除き、
取り除いた面に本土台となるセメントを塗布し、
セメントが乾いたら「ひっくりかえして」今度はガーゼを剥がします。

...ややこしいですね。
でもこれが、ラヴェンナの工房で受け継がれている技法。

これは、2度目の「ひっくりかえす」が終わって、ガーゼを剥がすところ。

Uさん作品 キューブモザイク

ちょっと感動的な、モザイクとの再会なんです。

Uさん作品 キューブモザイク

Ciao!Come va?

写真では、Interstizio(目地部分)にグレーの砂が入っていますが、
すぐに洗い流しますのでスッキリです。
ちなみにモザイクに使う砂で海砂はNG。
含まれる塩分がセメントに悪影響なので、川砂もしくは少し粗めの大理石粉が良いですね。


さて、この自宅教室Uさんのキューブモザイク。
この幾何学模様はローマ皇帝や貴族のVilla(別荘)の床モザイクにも好まれていますよね。
青い空の下、天井が失われたVillaの遺跡の床がこの幾何学模様でした。
埋もれ、忘れ去られていたからこそ残ったモザイク。やはり再会、Ciao。


工程としては、これから削ったりフレームに入れたりと最後の仕上げ作業です。
がんばりましょうね。


Uさんは既に次回作にも取りかかっているのですが、次はなんと...オバケモザイク。
Uさんのお好きな浮世絵ワールドモザイクなのです。
現在、ながーーーい髪の毛を黒大理石で制作中。
ポイントは背景のブルーズマルトのグラデーションです。
ご紹介するのが楽しみです。

トラディショナルモザイクと創作現代モザイクの反復運動。
いつの間にやらモザイコカンポの方針になっているかも。


それでは良い夜をお過ごしください。
Buona serata!
| モザイクの技法/工程 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mosaicocampo.com/trackback/1211003
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE