モザイクブログ/モザイコカンポ

モザイコカンポ = Mosaico(モザイク の)Campo(原っぱ)。
 
モザイク工房モザイコカンポ(練馬区富士見台駅より徒歩5分)が主宰するモザイク教室・ワークショップ等のご案内や、モザイクに関するお話、日々の雑記等など徒然なるままに書き記すブログです。
サイト→http://www.mosaicocampo.com 

Copyright (c) 2008-2018 Mosaico Campo All Rithts Reserved.
当ブログ及びホームページの文章・画像を、無断で使用又は転載する事を禁じます。
<< アートフェア東京 | main | 木を植える >>
豹のモザイク@名古屋モザイク
Buon giorno.
おはようございます。

いかがお過ごしでしょうか?
土曜ですね。
お花見に行かれる方も多いでしょうね。

昨日、名古屋モザイクさんの東京ショールームへお邪魔し、モザイクを展示させていただきました。

nagoyamosaic

豹のモザイク。ローマ時代の床モザイクのレプリカです。
ローマ時代、豹の息はそれはそれは素晴らしい香りがして、
その香りにメロメロになった動物達が豹に狩られているのだ、
と信じられていたそうです。
(そこから更に色々なイメージが「豹」に加えられていったようです)

置いて頂いているテーブルはビザッツァのタイルを使ったモダンなもの。
ビザッツァの上にローマンモザイク...
なんだかドキドキする組み合わせです。

名古屋モザイクさんの東京ショールームは
リニューアルオープンしたばかりだそうで、とってもキレイな空間です。
色んな種類のタイルや石やレンガが大量に美しく展示されていて、
更には貴重な資料がたっぷりのライブラリまで。
皆様、お時間ございましたら是非!豹子さんも待ってます。


さて、このモザイクのオリジナルはこちら。

オリジナル

リビアのサブラタ考古学博物館に保管されているものです。
(サブラタの遺跡群は世界遺産の指定をうけています)

サブラタの遺跡で最も有名なのは保存状態の良い劇場ですが、
他にもディオニュソスと同一視されている酒の神、
リベル・パテルに捧げられた神殿もあります。
ディオニュソスといえば絵画や彫刻などでたびたび豹と一緒に表現されてますね。
...何て事を考え出すと、時間はいくらあっても足りません。

ちなみに"光陰矢の如し"は"Il tempo vola(イル・テンポ・ボーラ)"、
つまり時間(Il tempo)が飛んで行く(vola)、と表現します。



さて、私、この景色に完全にノックアウト。

海沿いモザイク

週末にブラリと行ける距離なら良いのに...


良い一日をお過ごしください。
Buona giornata!

| 作品/大理石モザイク | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mosaicocampo.com/trackback/821817
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE